きれいな肌、カムバック!美容外科で取り返せる美しさ

石けん

目もとスッキリ

お肌はスッキリなめらかに、適度なふくらみを持って愛らしい形に整っているのが理想です。特に、目もとのお肌に気をつけると、美はいっそう高まっていくことになるでしょう。
「目は口ほどにモノを言う」という昔の人の言葉もあるように、目は、人が物を見るためにだけある器官ではありません。人は誰かを見るとき、その目に美しさを見出します。
言葉を交わす前に、目が雄弁に物事を語るからです。あなたに会えてよかったという喜びも、そのほかの感情も、目もとの表情から読み取ることが出来るのです。

そういうわけで、目もとの美しさを気にかけることが大切で、例えば目の下にあるクマなどは、早めに治療しておきたいもののひとつといえるでしょう。
クマは、「隈取り」という歌舞伎の言葉を思えばどんなものか誰にでもイメージできるものだと思いますが、要は美しく透きとおった肌色であるはずの目のまわりが、色を塗ったようになってしまっている状態を言います。
イメージ的に、いかにも不健康な感じがします。目から読み取れる表情も、疲れとか諦めとか、どちらかと言えばマイナスイメージなものばかりになってしまうのです。

美容外科では、その人の「クマ」がどんな原因で出来たものかを診察によって突き止め、それぞれの原因に合った方法で、それを治療してくれたり、治し方を指導してくれます。
単なる疲れから出ているだけのクマがあります。人の疲労は体の中にも溜まりますが、目に見えるところにあらわれることもあります。そのひとつが、肌の色がくすんでしまうという現象なのです。
特に、触ってみれば分かりますが、目の周りの皮膚というのは、例えば肘の皮膚と比べてみると非常に薄く、繊細に出来ています。まさに、薄くて繊細であるというこの特徴のために、目元の皮膚にはさまざまな影響が出やすいのです。
このときの原因は「疲れ」ですから、それを解消することが出来ればクマは消えます。体を暖かくして血行を良くして、ゆっくりとおやすみの時間を取れば、状況を改善することが出来るのです。

あるいは、繊細な目もとの皮膚は紫外線からの影響も出やすく、沈殿した色素の色が出やすくなってしまうところでもあります。美容外科では、色素沈殿系のクマにはレーザー治療などを行います。
レーザーによって色の部分だけを消し去る方法です。