きれいな肌、カムバック!美容外科で取り返せる美しさ

洗顔後

美容と老化

美容外科というフィールドからお肌を見たとき、そこに欠かせないのが「老化」という現象です。
命ある人が歳を重ねていくということは当然のことですが、そこに引っかかったようにしてなかなか離れてくれないのが、老化という宿命なのです。
物はみんな、いつか古びてしまいます。笛の音は錆びたようになり、ガラスは曇り、樹木はもろくなります。そして、人の体もその見た目や機能が少しずつ衰えていってしまうのです。
お肌も、その例外ではありません。むしろ、あらゆる外からの刺激を一身に受けている部分であるからこそ、お肌には老化のきざしが顕著に、目に見えるようになるのです。

ところで、人の肌がいわゆる「老化」という変化のときを迎えるのはいつ頃からか……。実は意外と早く、女性ならば25歳という年齢がひとつのピークになるのだと言われています。
その前後に、お肌の美しさは絶頂を迎え、そこから先はゆっくりと老いの時の流れに入っていくのです。もちろんゆっくりと、目に見えない速度で流れる「時」ではありますが。
そういうわけで、本当の理想を言うのであれば、その年を迎えるあたりまでに、何とかお肌の悩みは解決しておきたいものなのです。
まだ美しさが極まっていく段階にある、いわばお肌の「成長期」にあたる25の年までの間に、ニキビの跡やシミ、アザ、目の下のクマなどに対処したい。それが理想です。
とはいえ、もちろん「遅すぎる」ということはありません。すぐれた美容外科の先生のもとで指導を受け、治療をしてもらうならば、たとえターニングポイントとなる年齢を越えたあとだとしても、まだ望みを捨てるにはあたらないのです。

ところで、女性の場合に25歳を境に老化が始まってしまうのは、ホルモンが関係しています。女性を女性たらしめている、その名も「女性ホルモン」という分泌物質が、その歳を境に抑制の時期に入るのです。
たっぷりと分泌し、女性としての成長をホルモンが促進する時期が終りを迎え、「おさえ」の時に入るのが25という年齢の頃なのです。
お肌の悩みは美容外科で解決することが出来ますが、女性ホルモンの分泌量との兼ね合いも考えながら、日々のスキンケアに力を入れていくのも大事なことであると言えるでしょう。